【ABBV】アッヴィ2020Q1決算発表

株式投資

外資系リーマンです。

アッヴィの2020年Q1の業績はどうだったでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

レポートについては、AbbVieのHPを参照しております。

AbbVie Reports First-Quarter 2020 Financial Results | AbbVie
The Investor Relations website contains information about AbbVie's business for stockholders, potential investors, and financial analysts.

ABBV 2020 Q1 Results

アッヴィのQ1の結果は下記の数字の通り好調でした。

総収益  86.19億ドル (昨年対比10% UP)

営業益  36.03億ドル (昨年対比19.7% UP)

純利益  30.10億ドル (昨年対比22.5% UP)

詳細は以下の通りです。


アッヴィ商品別の収益推移

アッヴィの主要製品の収益はどう変動したのか。

アッヴィといえば、ヒュミラ(Humira)が主要製品でよく知られていますが、

このヒュミラは既に特許が切れております。

欧州では2018年から、米国では2023年から、

ヒュミラのジェネリック薬品が発売されることとなっており、

発売済みの欧州を含む海外市場ではでは12.8%ダウンとヒュミラの収益が大幅な減少に転じています。

そのため、アッヴィはヒュミラに代わる主要製品を探しており、M&Aを行っています。

去年のアラガンを約630億ドルで巨額買収したことは記憶に新しいですね。

ヒュミラ(Humira)に代わる主要製品としてイブルチニブ(Imbruvica)が期待されています。

これは、2015年にPharmacyclics社を買収して手に入れた抗がん剤です。

急激に収益が伸びており、海外では昨年対比なんと37.9%の伸長率です。

以下詳細


アッヴィの株価推移

アッヴィの2020.5.10時点での株価は以下の通りです。

株価もコロナショックの影響から大分回復しており、

配当利回りも5.62%とヘルスケア業界では高い部類です。

高配当投資家には人気がある銘柄です。

ヒュミラの期限切れが今後どの程度収益に影響するか、

アラガンのM&A効果がいかに早く実現するか、

この2点が今後の見どころですね。

成長を見守っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました