【ウェルズ・ファーゴ】合併の噂【ゴールドマンサックス】

株式投資

外資系リーマンです。

ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマンサックスのニュースが目立ちますね。

ウォーレン・バフェットのお気に入り銘柄として知られる二行ですが、

先日ゴールドマンサックスの全株式売却を発表しました。

一方で、ウェルズ・ファーゴの株式は残しているとのことです。

この合併の噂が本当であれば、

ウォーレン・バフェットは大きく資産に変動が起こるかもしれません。


ウェルズ・ファーゴとゴールドマンサックスの規模

ウェルズファーゴとゴールドマンサックスがもし合併するとどうなるのでしょうか。

ウェルズファーゴ

時価総額1兆9500億ドル 世界の銀行第11位

カルフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、全米店舗数第1位

商業銀行ビジネスに強みを持つ。

ゴールドマンサックス

時価総額 9,500億ドル 第35位

ニューヨーク州マンハッタンに本社を置き、投資銀行として有名

M&Aや年金運用委託先の一つでもある。

参照サイト

世界の巨大銀行トップ28 —— 資産1兆ドル以上
S&P グローバル・マーケット・インテリジェンス(S&P Global Market Intelligence)は毎年、資産額をもとに世界の銀行ラ...

二行が合併した後の姿

お互いの強みと弱みを補完し、非常に強い金融機関になると思います。

商業銀行から、投資銀行業務までを一括して行い、

本店も、西海岸、東海岸と被らず、地理的なメリットもあります。

また、合併後は総資産約3兆ドルと全世界4位、全米ナンバー1の銀行に生まれ変わります。

ちなみに、1位、2位、3位はいずれも中国の銀行です。

これにより、米国内の規模のメリットを使い、収益率を高めることが出来そうです。

この噂が実現すれば、米国銀行業界はJP・モルガンチェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、シティグループから、

【ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマンサックス連合】が一つ頭を抜ける存在となります。

これからの動向をまたチェックしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました