【QCLN】クリーンエネルギーETFのご紹介

ETF

外資系リーマンです。11月3日にアメリカ大統領選を控えておりますが、現時点ではバイデン氏が支持率が高く、バイデン施策であるクリーンエネルギー銘柄が注目されています。

高パフォーマンスクリーンエネルギーETFのQCLNのご紹介です。


QCLNとは

QCLNは45銘柄で構成されるクリーンエネルギー銘柄です。

電気自動車や再生エネルギーといった次世代技術企業の銘柄で構成されています。

Palm Springs, California

QCLN上位構成銘柄

上位構成銘柄は下記の通りです。

中国電気自動車企業のニオを筆頭に、米電気自動車メーカーのテスラや、太陽光発電システムのソーラーエッジテクノロジーというCO2削減銘柄で構成されています。


QCLNのパフォーマンス

この1年でチャートは右肩上がりでほぼ2倍です。

バイデン氏の支持率が高く、こうしたクリーンエネルギー銘柄が今後ますます注目されるといったことで、値上がりを続けています。

また、中国も排ガス規制を設けており、電気自動車にシフトしていくと言われていますので、QCLN筆頭銘柄であるニオの株価も5年で20倍と非常に高くなっています。

まとめ

バイデン氏が米大統領選に勝つとクリーンエネルギー銘柄が上がると言われている。

QCLNはクリーンエネルギー45銘柄詰め合わせパック(電気自動車、再生エネルギー銘柄)

経費率は0.60%とアクティブ銘柄では比較的安め

一部を成長ETFに充ててみる事でポートフォリオのパフォーマンスは上がるかもしれません。ご検討してみてください。

↡よろしければ下記バナーの応援クリックお願いします。すごく励みになります。↡

コメント

タイトルとURLをコピーしました